2012年12月06日

NEBRASKA STREET 紀行 #04 [That`s What`s Up]

IMG_0260.jpg

前日の撮影ですっかりみんなと打ち解ける事ができた僕は朝から気分がよかった。実はこのトリップ中、毎朝の牛乳とフルーツ、水を欠かさないという事を意識していた。それは大概アメリカへトリップに出ると生活が雑になったり、食事の関係で体調も悪くなる、屁は臭くなるし、体臭も変わってしまうといったような事が僕がこれまで経験してたアメリカだった。もちろん個人差はあるしアメリカでの食生活を否定的に見ている訳ではない。

IMG_1101.jpg

初めてアメリカを訪れた時は"郷に入れば郷に従え"ではないけどいわゆるアメリカっぽいというイメージ先行の食生活を送っていた。ハンバーガー、ブリトー、ナチョス、BBQといった美味そうなものばっかりの(実際うまい)食事を続けていた、LAで吉野家とかうどん屋とかありえね〜とか意味不明な事もあの頃は言ってたかもしれない(笑)まあでもそういった無骨なアメリカのイメージやライフスタイル、そしてなによりスノーボード発祥の地を踏みしめているだけで気分が良かった。

IMG_1104.jpg

ただ、今、自分が立っているステージでそんな観光気分は通用しない事は確か…しっかり自分で体調は管理しておかないと…怪我は絶対に許されない。


「Yusaku!! その牛乳飲んじゃダメだ!!」


っと買い物をすましスーパーを出たばかりで大袈裟な妄想を膨らませ過ぎてた自分にAustenが凄い勢いで突っ込んで来た。どうしたんだと思ったら、どうやら手にしていた、というよりすでに飲んでた12oz(360mlくらい)の牛乳が4$もするんだという。

慌てて返品!はさすがに出来なかった…FUCK。

まあたしかにおいしかったけど…

こういった撮影が続くとなにかと切り詰めないといけないもので…買う前に気づけよって感じだけど…この頃にはウィスコンシンのBAD BOY、Austenも影響されて牛乳を飲むようになっていた(笑)実際に体調はよくなっているようだ。全然似合ってないけど。

RIMG0210.jpg

朝からスッキリ快調なクルーは今日もレールを求めて街へ繰り出す。

今日のスポットはオマハ市内の公園にあった細めのドンキーダブルダウン、ふだんは目の前の物も見えてないような奴らなのにスポットとなるとあんなに遠くに見える豆粒のようなレールも楽々発見できるようだ。

正直、このスポットは気が乗らなかった。真っ直ぐに見えるレールも実は曲がってるしキンクもかなりキツめ、おまけにKristerが2回目のトライで思いっきりレールに干されてるのを見てゾッとした。

スクリーンショット 2012-12-06 4.27.46.jpg

Cody,Austen,Kristerがトライし続ける中、みんなのアプローチやランディングのケアをする事しかできず歯がゆい時間だけが過ぎて行った。そんな中Austenが膝の古傷を負傷、2人でCodyとKristerを見守っていた。

IMG_1099.jpg
All E-gal eyes on Cody Beiersdorf

そしてCodyとKristerは予想通りのプロパーカットを遺した。

このスポットはもう無理かと思いかけてた時、ビデオグラフファーのRileyからレールをオーリーオーバーしてみないか?と提案があった。

IMG_1107.jpg
Riley Erickson

ほんまや、それやろ。

肩の力がスッと抜けていきなりリラックスできたのを覚えている。

RIMG0239.jpg

西日が公園の木々をすり抜けてサングラスが無いと少しまぶしい時間帯だった。

たぶん、Rileyのこのアイデアがなかったらトライしてなかったと思う。アイデアなんてものはいつでも浮かぶものではなく、この時僕はこの撮影のアンダープレッシャーから頭が働かなくなっていた。

スクリーンショット 2012-12-06 4.24.41.jpg
Yusaku Horii

そしてこの後、2トライでSTONPとBALD E-GALでの自身のビデオパートのラストカットをゲットする事ができた。

スクリーンショット 2012-12-06 4.52.20.jpg

メイク直後、みんなが YABAI〜!YABAI〜!と駆け寄ってくれたシーンは一生忘れる事は無いと思う。

地下室へ戻りPCを開くと静養中の仲間からメールが届いていた。

「思いっきり、目一杯、攻める時と遊ぶ時のコントロールを忘れずに。でもボチボチやで、お前には怪我して欲しくないからな。俺ももうすぐ復活出来るからこっちは任せといて〜。」

NEBRASKAを訪れる直前、ストリートの撮影中に起きた事故、その後の彼の様態が僕は気になって仕方が無かった。

そして文末にはHave a FUN!! Enjoy!! と締めくくられていた。

このメールを見て絶対に日本へ、地元へちゃんと持ち帰ろうと思った。

それが自分なりのWhats' upだと思ったからだ。

つづく…

>>>BACK NUMBER
NEBRASKA STREET 紀行 #01 [go to Nebraska]

NEBRASKA STREET 紀行 #02 [Street rulez]


NEBRASKA STREET 紀行 #03 [STREET PRIDE AS A MAN]






posted by Yusaku Horii at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | NEBRASKA STREET 紀行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/305553747
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。