2013年10月22日

15256353|915381180

27_yusaku_hoori.jpg
ME:15256353|915381180

10月のミネアポリスはもうすでに冬の訪れを感じる。

8月の15日、なにかで、たぶん、なにかで頭を殴られたような感覚に襲われて。

さあさあ、おれがやってきた場所では何かを燃やしたり爆発させたりしないと...とまあ別に求められてるわけじゃないけど、求め合ってはいたいというある種のわがままで。

今また何故かココへやってきてしまった。

AMERICAとNIPPONのコントラスト、AMERICAがそうさせるのではなくてNIPPONがそうさせたのだろう。

明日にはまた新しくも古ぼけた過去を正当化する自分がいて...その繰り返しが24時間であり365日なんだろうか。

昨日出会ったはずの夜がまたやってきた。

15256353秒の記憶がもう一度、もう一度と語りかけてくる。

いずれにせよ理由は後付けだったんだ...

またおれがわからなくなった。

とにかく

2013年の10月19日は最高だった。

ありがとう。

また死ぬまでにあなたに会いたくなりました。

posted by Yusaku Horii at 19:59| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。