2015年11月10日

5年間

IMG_4615.jpg

とても静かだ

書きかけている事が山ほどある

なぜかこの涙がこぼれ落ちたのは終着の地、大阪であった。

イヤホンからはDAVID BOWIE の 5years が漏れていた。

We've got five years, stuck on my eyes
俺達には5年しかない、目に焼きついている
Five years, what a surprise
5年間、なんて驚きなんだ
We've got five years, my brain hurts a lot
俺達には5年しかない、俺の脳みそはひどく傷んでいる
Five years, that's all we've got
5年間、俺達が持っている全てだ
We've got five years, what a surprise
俺達には5年しかない、なんて驚きなんだ
Five years, stuck on my eyes
5年間、目に焼きついている
We've got five years, my brain hurts a lot
俺達には5年しかない、俺の脳みそはひどく傷んでいる
Five years, that's all we've got
5年間、俺達が持っている全てだ
We've got five years, stuck on my eyes
俺達には5年しかない、目に焼きついている
Five years, what a surprise
5年間、なんて驚きなんだ
We've got five years, my brain hurts a lot
俺達には5年しかない、俺の脳みそはひどく傷んでいる
Five years, that's all we've got
5年間、俺達が持っている全てだ
We've got five years, what a surprise
俺達には5年しかない、なんて驚きなんだ
We've got five years, stuck on my eyes
俺達には5年しかない、目に焼きついている
We've got five years, my brain hurts a lot
俺達には5年しかない、俺の脳みそはひどく傷んでいる
Five years, that's all we've got
5年間、俺たちが持っている全てだ
Five years
5年間
Five years
5年間
Five years
5年間
Five years
5年間

自分からしたらDavid Bowieの曲というよりは

Pretty SweetのMarc johnson パートの曲だ。

以前他個紹介していただいた際に有名人と紹介される事があった。確かにこの五年間はめまぐるしいものであったし、STONP OR DIEの命題に恥じぬようSTONPに我のすべてを捧げた。なぜかというと奴らが日本の本物のスノーボーダーだからで、スノーボーダーが出資し、スノーボーダーが所有、運営し、スノーボーダーがデザインし、スノーボーダーがビデオを作っているクルーだったからだ。関わっている人間も全員知っている、そうしたいと思ったし、会いたいと思った。一度も一緒に滑ったり酒も飲んだ事もないような人間の指図に従えるほど当時は善良な人間ではなかった。そしてSTONPはどこへでも連れて行ってくれた。世界中のクールなスノーボーダー、作家、スケーターや音楽家達と友達になれた。また彼らが日本へ、またわざわざ、たつの市へ足を運んでくれた際にはどうか我々STONPという存在をお忘れにならぬよう歓迎させていただいた。そういった活動の積み重ねがそう呼ばれた結果に繋がったのだろうか、たったの三文字だ。クソ全身全霊をかけたこの魂の活動がたったの三文字で片付けられてしまった。なめんなと思った。スノーボードのスの字も知らないような輩にワーキャー言われ出し違和感があった。バーカンでチャラついてるようなやつらにも、それでも頭を下げ続けた。ただあなたの好きなスノーボーダーが誰だか知りたかった。

どれだけ己を殺したいと思ったか。

自分は、兵庫県たつの市、揖保川町の百姓の家に生まれた。

特別な人間ではなく、ただただ日々良い人間になりたいとおもい世に憚りながら今日も生かせてもらっている。

旅を重ね、忘れたいような出来事もたくさんあった。信じていた仲間には裏切られ、愛を失い、バビロン達は仲間を引き離し、あいつらは先に天へ昇ってしまった。襲いかかる恐怖心から逃れる為にマインドセットを歪ませたり、酒に身を流したりした、ただのアル中だと自分で知りながら撮影のストレスと戦いつづけた。しかしそれでもまだ陽と光の当たる瞬間を求めている。そして今日もやさしい人と屋根があり風をしのげる暖かい場所を探している。普通の人間が一番ヤバい、そんな人たちがSTONPの活動に賛同してくれてビデオやグッズを買っていただいき、今ここにみなさんのおかげでみなさんと同じ夢を旅することができ、みなさんのおかげで前より少し良い人間になれたような気がする。それはまるでアルケミストのような、STONP OR DIE EXPERIENCEとでも呼ぶべき奇跡の体験と感動をみなさんと共有する事ができた5年間だった。

そしてまだやらせてもらえている、仲間と、まだ見ぬ新たな世界へ向かって。

ありがとうSTONP

私を選んでくれた事に心から感謝します。

生まれ変わってもまたあなたと滑りたい。


2015 11/10 TUESDAY 堀井優作



And it was cold and it rained so I felt like an actor
そしてそれは、寒くて雨が降ってたから、俺は役者のような気分だった
And I thought of Ma and I wanted to get back there
そして俺は、母さんのことを思って、そこに帰りたかった
Your face, your race, the way that you talk
あなたの顔、あなたの風格、喋り方
I kiss you, you're beautiful, I want you to walk
あなたにキスする、あなたは美しい、あなたに歩いて欲しい




posted by Yusaku Horii at 23:55| Comment(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

Kazuhiro Kokubo

4years ago, a friend of mine.

浮ついた話には縁のない俺が出会った男が國母和宏。

今思ってもなんで仲良くなれたのかが謎な位ハーコーなアティチュー。

当時からダサいもんはダサいとハッキリ言う態度。

Ryuzoの言葉を俺なりに借りたなら、

ショーンホワイトがポップスノーボーディングなら、カズは間違いなくファイトスノーボーディング。

ダサいシーンに喧嘩売ってんねん。

わかるやんね?

やから今カズがクソみたいな世の中で1人で頑張ってるって事。

俺はスキーブランドやスポーツブランドの手先はイマイチピンとこない。

スノーボーダーが作った板に乗ってスノーボーディングする奴が1番かっこええに決まってる。

金で買えるクソみたいなビッチに乗ってスノーボーディングするの嫌でしょ?

カズが背負ってるのは日の丸以外に日本のスノーボーディングの未来を背負ってんねん。

カズの背中見てカズよりもっとやばい奴らがこれからゴロゴロ出てくるねん。

それを知らんくせにお前らメディアの勉強不足な脳みそのおかげで俺らの美学が水で薄められるのは許されん。

カズは諦めた奴らの分まで突っ走ってくれてる。

とにかく俺の友達が今、日本のスノーボードの歴史を変えようとしている。

やから俺の考えに共感してくれる奴らは応援してほしい。

応援したく無かったらしなくていいけど、その代わり一生イケてないスノーボードをしとってくれ。

一緒にヤバい邦人のスノーボーディングの目撃者になろうや。

ほな、カズ、オリンピック楽しんで。

Yusaku Horii
 
posted by Yusaku Horii at 11:04| Comment(18) | TrackBack(0) | column | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。